忍者ブログ

発信主義。:「抱えるくらいなら、発信【発進】せよ」 **** mistyの目に映る様々な社会現象を、考察・検討を通してグダグダ考えましょう。

フルハウスは嗤う

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月中に読んだ本!

こんぱら!

読書メーターより転載です(*^。^*)  漫画はいつもの通り、「君に届け」だけレヴューしましたv v

2011年3月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:4128ページ

■君に届け 13 (マーガレットコミックス)
★★★★★ もう、キュンッキュン! 前巻は、少しダラダラした展開が多かったけど、今巻ではまたストーリーが躍動感いっぱいに動き出し、爽子のミクロな心理の描写も多少あるo(^-^)o 成長物語。 ああ青春、毎回のことながら心洗われます笑笑
読了日:03月31日 著者:椎名 軽穂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10418471

■ドゥルーズ―解けない問いを生きる (シリーズ・哲学のエッセンス)
★★★☆☆ ドゥルーズの紹介というよりは、ドゥルーズが示した幾つかの概念を少しだけ提示して使ってみた みたいな。 折角のドゥルーズが、なんか普通のこと言ってる哲学者に過ぎないイメージが…  ドゥルーズ入門としてはオススメできません。 ただ、檜垣さん自体、例えば今「現代思想」で連載・展開中のドゥルーズの議論は、ためになるかも!
読了日:03月31日 著者:檜垣 立哉
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10418391

■神曲【完全版】
★★★★★  煉獄編の途中で放置したまんまですが…。 あまりにも有名過ぎるダンテのこの作品から、一般日本国民たる僕が感じることは意味が薄いことかもしれない。しかし一応…笑 短い淡麗な文章が紡がれる感じで、かなり読みやすい。挿絵がキレいすぎる。 うん、『講義 神曲』も合わせて読んだ方が絶対いいな…
読了日:03月31日 著者:ダンテ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10418302

■やわらかなレタス
★★★★☆  読んだだけで、幸福のよだれを思わずためこまなきゃいけないほどのー。 「食」に関する、実に江國さんらしい素晴らしいエッセイでした。どうしてこの人が料理や食材を活字にするとたちまち生き生きするんだろう。 自分の食生活も豊かにしたいと感じた一冊でした\(^ー^)/
読了日:03月30日 著者:江國 香織
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10390339

■川上弘美 (現代女性作家読本 (1))
★★★★★ すみません、同じシリーズの江國香織さんのを読んだのですが検索に引っ掛からなかったので、川上さんの所に簡単な感想を書かせて頂きます。江國香織、独特の作家。彼女が最近まで書いてきた著作を文学的観点から評論してみた、という感じでしたが、如何ようにも読める彼女の小説はやはりスゴいとばかり息をつきました。本当に憧れの作家です。江國さんと文芸評論家の対談などを是非見てみたい!
読了日:03月29日 著者:原 善
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10373775

■アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症 (河出文庫)
★★★★☆ とりあえず、第一章と訳者さんによるあとがきを読了。 アマゾンのカスタマーレビューにあった、「小説のように読むといいかもしれない」が本当にタメになってしまって、理解なんてできるとこだけ理解できれば、あとはこの本によって得た様々なものをどうにか生活に実践していけばいいやと思いました。資本主義と分裂病が一種の並行関係にあるって著者は真面目に考えているのかな。。 いや、これは文学ですね!
読了日:03月28日 著者:ジル・ドゥルーズ/フェリックス・ガタリ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10358462

■構造主義 (図解雑学)
★★★★★ 3回目を読んでいる所であります(*^。^*) タイトルは「構造主義」だけれど、それ以前の近代哲学のカント・ヘーゲル・ニーチェなどにも丁寧に触れた後で、デリダやドゥルーズあたりのポスト構造主義の紹介もきちんとしている、大変良書だと考えられます。この本がきっかけで哲学すごいと思うようになりました。図解雑学シリーズ、感謝っ!
読了日:03月28日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10358385

■妻を撮ること
★★★★☆ 正直、幸せな光景に少しイラッときてしまった。幸福を撮るということは、どんなにかエネルギッシュなんだろう。
読了日:03月18日 著者:中村 泰介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10198823

■コミュニケーションの社会学 (有斐閣アルマ)
★★★★☆ 急いでいたので、第一章だけ早読み。 あ、探してたものはコレかも、と感じました。 おそらく、近日中に読み進めると思います。今は感想だけ。
読了日:03月17日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10190464

■宗教生活の原初形態〈下〉 (岩波文庫)
★★★★★ とにかく、この下巻の「結論」がスゴい! 宗教社会学というカテゴリーを大きく超えて、プラトンやカントに至る哲学に接近しています。正直、「結論」は難しかったのですが、デュルケームの言っていることがほんの少し理解できた気がして、読んで良かったです(*^。^*) 本当に良書。ウェーバー読みたい。
読了日:03月17日 著者:エミル デュルケム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10190268

■美しい夏 (岩波文庫)
★★★★☆ 頭をあまり使うことなく読みました(*^。^*) イタリアの街で、ささやかなものに翻弄されながら自分達の青春を生きている若い女性の姿がきれいに描き出されている。裸婦像の「ポーズ」にこだわる主人公の内面が、面白かったです。ちなみに解説はあまりに長かったので読まず…。
読了日:03月16日 著者:パヴェーゼ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10190141

■小さな町で (大人の本棚)
★★★★☆ 最近読んだヘルタ・ミュラーの「澱み」に近いものを感じました(舞台設定が農村である点)。 最初らへんの、少女があっという間に死ぬ話が1番印象的でした。解説で語られる通り、ストーリーは悲しいテーマなのにどこかそれを軽快に描く、筆者独特の才能を感じましたo(^-^)o 面白かったです。
読了日:03月13日 著者:シャルル=ルイ・フィリップ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10143455

■システムのはなし―複雑化・多様化へのチャレンジ
★★★★★ とっても分かりやすい本でした! 序盤は、システムの反意語がカオスであるって所からびっくりして、そして引きずりこまれていきました。システム工学生のためのページもありましたが、文系の僕が読むからこそ面白い視点や発見がたくさんありました! ルーマンの社会システム理論を、もう少しでいいから精確に理解したい。
読了日:03月10日 著者:大村 平
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10103346

■アイドルにっぽん
★★☆☆☆ 残念ながら、自分が求めていた事柄が語られる書物ではありませんでした、だから7割くらい読んでいません。ただ、著者は本当にエネルギッシュにアイドルが大好きなんだなぁ…と思うばかりでした。「論」と言えるのかどうかは分かりません。「なぜ人はアイドルに魅せられるのか」を科学的・論理的に説く本にこれから出会う予定です!(キリッ) 
読了日:03月03日 著者:中森 明夫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10006860

■宗教生活の原初形態〈上〉 (岩波文庫)
★★★★★ 社会学者デュルケームの、考察には一切妥協を許さない真摯な姿勢にまず恐れ入りました笑 宗教の定義に始まり、考察対象をオーストラリアのトーテミズムに絞ることで、原始宗教の本質を明らかにしていく。その過程は一般人にも分かりやすい内容で、なるほどそういうことだったのか!という発見が多いと思います。下巻にも期待!
読了日:03月03日 著者:エミル デュルケム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9997151


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
 

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア


音楽をはじめとした、「芸術・文化」の在り方を検討して、そこから日本社会のあるべき構造を考え出していくのを目的としています!
私にとっては、新しい試みです。

最新コメント

[05/19 backlink service]
[05/05 Kame]
[09/27 misty]
[09/27 A子]
[07/07 misty]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
misty
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1989/03/19
職業:
学生
趣味:
読書/音楽鑑賞/音楽制作/小説執筆/美術館巡り
自己紹介:
学生をやっております。
*好きなモノ・コト
自分哲学すること。
音楽を聴くこと、観ること、演ること、造ること。
映画鑑賞。静かな空間。くたびれた電車の中。美術館。
江國香織。遠藤周作。田口ランディ。

*苦手なモノ・コト
喧噪。口論。理論づくしの人。
早起き。健康的な生活。
デスメタル。精神性のない形骸的ロック。


バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

カウンター

Copyright ©  -- フルハウスは嗤う --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]